2013年02月28日

「健康のため、牛乳・乳製品は止めましょう」


「え〜、じゃあ、カルシウムはどうやって摂るの?」
これが牛乳神話です。
牛乳は乳ガン、前立腺ガンをはじめ、その他の疾病の原因になりえます。
摂らない方が賢明です。

患者よ、がんと闘うなを読みました。
1996年3月30日に初版が発行されました。
そこには、ガン検診を受けない方がいい、ということが書いてあります。
その本が発行されて17年後の今、ガン検診は普及しました。
ガン死亡者が減りましたでしょうか?
逆に増えています。

なぜでしょう?



【送料無料】抗がん剤は効かない [ 近藤誠 ]

【送料無料】医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法 [ 近藤誠 ]

ちなみにカルシウムは普通の食事をしていれば必要量摂れます。
posted by 的浜 癌爺 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

日本人は間違っている?脂質の摂り方

まず、脂質の摂り方には、ある種の勘違いがありますね?
炭水化物もタンパク質も食物を食べることによって摂取しているのに、
どうして脂質だけは、オリーブ油やなたね油、ごま油などのように、
植物から抽出された油から摂ろうとするのでしょうか?
この思い違いは日本人だけではありませんでした。

脂質は、脂質が含まれている食品を食べることにで摂りましょう。
じゃあ、どんな食品に脂質が多く含まれているの?
食品中に含まれる脂質の割合は以下の通りです。
イモ類 1.2〜5.2%
果物   5〜10%
穀類  5.5〜8.5%
野菜類  3〜18%
豆類   5〜45%(大豆が45%でほかの豆類は5〜6%)
木の実・種子類 72〜96%
植物油  100%(抽出したのだから100%は当たり前だ)

動物性食品は以下の通り。
牛肉  22〜86%
豚肉  15〜66%
鶏肉  14〜23%
牛乳  51%
チーズ 72%
魚類  20〜72%
鶏卵  61%
(『五訂増補食品成分表2006』女子栄養大学出版部 より)

さらに、その量です。一般には以下のように言われています。

「三大栄養素のエネルギーそれぞれのエネルギー量が、
日本人にとっては、炭水化物60〜68%、たんぱく質12〜15%、
脂質20〜25%が理想的といわれています。」

WHOでは、脂質10%以下をすすめているそうです。
さらに、予防医学を重視するアメリカの心ある医師たちは
ほんの少し脂質を控える程度では心臓病や脳卒中・癌・
糖尿病を予防する効果がないことから、脂質は総摂取カロリーの
10%以下を目標とし、動物性食品の摂取を控えるだけでなく、
『ノー・オイル』を心がけるよう、声を大にして訴えているそうです。

松田麻美子さんは、次のように述べています。

「ヘルシーと信じられているオリーブ油やキャノラー油でも
高脂肪食品であることには変わりありません。
精製過程で酸化予防に役立つ微量栄養素(ビタミンC,ビタミンE,
セレニウムなどの抗酸化物質やファイトケミカル類など)
のほとんど、またはすべてを失っているために、細胞をガン化
させてしまうフリーラジカル(活性酸素)の製造を増やし、
ガン細胞の形成や増殖を助長してしまいます。植物油だからといって
安心はできないのです」

「厚生労働省の『食事摂取基準』に掲げられている脂肪の
目標値(18〜29歳の女性は20〜30%、30〜69歳の女性は
20〜25%)では、女性の体特有のトラブルはもちろんのこと、
肥満や病気から完全に解放されることは期待できません。
食事に動物性食品が少しでも含まれていると、脂肪摂取量を
10%以下に抑えることは不可能です」

さらに脂肪摂取のために、次のように述べています。

「体が必要とするヘルシーな脂肪は、野菜や果物、未精製穀物、
木の実や種子類、豆類などから十分に摂取できます」

Q:でも、炒め物をするときに油敷くでしょう?
A:そうですね。でも量は必要最小限にしたらいいですね?

Q:それに天ぷらだってたまには食べたいよ〜。
A:そうですね。たまにならいいのではないでしょうか?

新谷弘実さんは、天ぷらは衣をはがして食べる、と言っています。
ちなみに癌爺は、ご飯(玄米)を炊く時にたまに大豆、黒豆、小豆を入れているし、
夕食では、ビールのつまみにナッツ類を食べているしで、
脂質の摂りすぎになっているかもしれません。
しかしながら、10%以下とか言われてもどうやって計算するの?
って思いません?
だから癌爺は気にしていません。
それに一日2食だからね?
さらに少食にするとなおいいんだけどね。
ちなみにジェイン・プラント博士は、料理に使う油は、
低温圧搾されたオーガニックのオリーブ油だそうです。
ちなみに癌爺は市販されている普通のごま油です。
ごまの風味が好きなんですよ。
ということで、この記事のまとめ。
脂質は、抽出した油からはできるだけ摂らない。
食品から摂取する。

【プラント教授の乳がんとの闘い】
http://www.eps1.comlink.ne.jp/~mayus/lifestyle2/janeplant.html





新谷弘実医師の【病気にならない生き方】シリーズ

「ぼくはこれで会社辞めました」じゃなくて、これでTwitterを正しく運用できるようになりました。(無料です)
posted by 的浜 癌爺 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

「牛乳・乳製品は体に良い」って専門家はみんな言ってるよ!


専門家の言うことが正しいとは限りません。

管理栄養士の幕内秀夫さんは以下のように述べています。
「日本人の中には、牛乳を飲むと下痢をしたり、ガスで
お腹が張ったりする人がいる。それを乳糖不耐症というが、
これは牛乳の主成分である乳糖を消化するラクターゼという
酵素の活性が低いためである。『牛乳を飲むと便通がついていい』
という人もいるが、これは下痢まではいかないが、便がゆるくなる
ためだ。日本の成人の約95%がこのような症状をおこしているそうだ。
これは、長い間、牛乳を飲む習慣がなかったためである。」

飲んだら下痢やお腹がゆるむ食品が、体に良い、と言えるのでしょうか?
さらに補足説明いたしますと、乳糖不耐症はなにも牛乳だけに
現れる症状ではないんですね。そう、人間の母乳を飲んでも
下痢をするわけです。
つまり、大きくなったら、母乳は飲んではいけない、
という自然の摂理なんですね?
大きくなってからも母乳を飲んでいたら、
後から生まれた妹や弟がお乳を飲めなくなっちゃうではありませんか?
おっぱいを卒業したら、固形物で栄養を摂りなさい、ということなのですね。
これってとっても自然なことでしょう?
それなのに液体である牛乳から栄養を摂るのは、
とってもとってもすこぶるすこぶる不自然なことだと思いませんか?
さらに幕内さんは述べます。

「昭和30年以降の変化はあまりにも急激だったのだ。
その変化にからだが適応できていないのである。アレルギー体質、
アトピー性皮膚炎などは、その典型的な病気のような気がする。
ご飯を中心に、野菜やたまに魚を食べ、おやつには焼き芋、
トウモロコシなどを食べ、麦茶や水を飲んでいた時代には、
ほとんど見られなかった症状、病気なのである。」

次のような方もいます。

>私は一時期軟便に悩まされましたが、
>当時は毎日ヨーグルトを食べていました。
>ヨーグルトをやめたら段々よくなりました。
>この経験から「乳製品=腸を整える」とは思えないのです。

牛乳・乳製品は、これまでずうっと優位な立場にありました。
つまり、牛乳神話に乗っかって生産、販売ができたのです。
それで日本人のほとんどが牛乳・乳製品を求めてきました。
それに学校給食では今でも毎日牛乳を出しています。
米飯給食の時にも出しています。冷静に考えるとおかしな話です。
これまでも学校給食はおかしなことをしてきました。
先割れスプーンなどという、家庭では決して使わない
ものを児童に使わせたのです。ちなみに私は先割れスプーン世代です。
嫌いな食品を無理やり食べさせたり、牛乳飲むまで昼休みはない、
とか、「牛乳はいりません」と言おうものなら、診断書を要求したり、
(そもそも給食は強制ではないのだから診断書なんていらないのです)
学校(=自治体)側は牛乳神話を利用して好き勝手に横暴に振る舞ってきました。
ところが最近では牛乳・乳製品はよくない、と認識する方が
増えてきました。それで給食の牛乳は子どもに飲ませたくない、
という親も多くなってきました。これは正常な状態へ移行しているのだ、
と私は考えます。
さらに、牛乳・乳製品は乳ガンリスク、前立腺ガンリスクを高めることが
明らかになってきました。

【参考文献】幕内秀夫さんの著書まだ読んだことないの?ぜひ読んで下さいね?



【送料無料】夜中にチョコレートを食べる女性たち [ 幕内秀夫 ]

【送料無料】最強の基本食ががんを防ぐ [ 幕内秀夫 ]

PR
あなたのTwitter運用間違っていませんか?僕は間違っていました。でもここできちんと学習できました。(無料です)
posted by 的浜 癌爺 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

気づきの段階


1.病気になる前から気づくか
2.病気になってから気づくか
3.病気になっても気づかないか

1の人はあまり多くないと思います。
スポック博士は脳梗塞という病気にかかって最終的に気づきました。
そうして久司道夫氏にマクロビオティックの食事指導を
仰いだそうです。それだからこそスポック博士はそれまでの
病気も改善でき、体重も落ち、歩けるまでに回復し、
全国を講演して回れるほどに回復したのですね。
自分で病気になり、それを克服した人の体験談ほど
説得力のあるものはないでしょう。
そうしてスポック博士は、
『スポック博士の育児書』の最終版を書き換えました。
それまでは、牛乳、肉食を勧めていたのが、
一転してそれらを否定したのです。

本当はもっと早く気づくべきでしたね。

ガンについてはガンにかかってから青ざめて慌てるのではなく、
正しい知識を学んでおくことが大切です。

【送料無料】ガンは恐くない改訂新版 [ 森下敬一 ]

PR
「ぼくはこれで会社辞めました」じゃなくて、これでTwitterを正しく運用できるようになりました。(無料です)
posted by 的浜 癌爺 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

米を食べるとバカになる、ってホントウ?


その他にも、
「米を食べると背が伸びない」
「米を食べると太る」
というような根拠のない俗説が生まれましたとさ。
昭和30年代のことです。
当時、官民学が一体となって日本人に小麦食(パン食)を推奨していました。
その中でも昭和33年に出版された『頭脳』という本は、
大変な影響を与えたのです。発売後、3年で50万部売れたのですって!
著者は慶大教授の林髞(はやしたかし)教授。同教授は、
「米を食べる民族は、パンを食べる民族よりも劣る」
という米食低脳論を展開したのです。
「白米には胚芽は残っていない。しかし小麦は精麦しても
ほら、真ん中に筋がある。これが胚芽。小麦は胚芽が残っているのだ。
だから小麦を食べよう」
という理由からだそうだよ?
しかしながら、発想がおかしいですね?
なんで小麦なんだろう?
どうしても小麦を食べさせたいが為の詭弁でしかありません。
白米には胚芽が残っていない。そこで日本人は
玄米を食べるべきである」
という論理展開がなぜ出来なかったのでしょう?

「白米を食べるとバカになる」
「白米を食べると背が伸びない」
「白米を食べると太る」
「だから玄米を食べよう」

と、言いふらしていたら、今ごろは多くの日本人が
玄米を食べていたかも知れないのにね?
玄米は癌にかかるリスクを下げてくれます。
さらに癌にかかった方は玄米食で治癒しています。



PR
「ぼくはこれで会社辞めました」じゃなくて、これでTwitterを正しく運用できるようになりました。(無料です)
posted by 的浜 癌爺 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。