2013年10月31日

乳癌にかからないための三ヶ条


テーマ:乳ガ〜〜ン(7308)
カテゴリ:乳癌

え?たったの三ヶ条なの?
そうです。12ヶ条というのがありますが、
余計な項目、意味のない項目があります。
だから【精選】して三ヶ条としました。

乳ガンにかからないための三ヶ条とは以下の通り。

1.肉・卵(加工品も含む)を食べない
2.牛乳・乳製品を摂らない
 (いろんな食品に添加されているので要注意)
3.三白を摂らない
 白米、白砂糖、白塩(=精製塩)のこと

この中の「その2」について。

2.牛乳・乳製品を摂らない

について【補足】します。
牛乳は形を変えていろんな食品に添加されているので要注意です。
つまり、牛乳は知らないうちに摂ってしまうんです。

たとえば、パン。
菓子パンは論外ですけどね?
例えば朝食にパンを食べているとしましょう。
それはやめて下さい。
食パンにも牛乳が、脱脂粉乳という形で添加されています。
さらに砂糖が添加されています。
砂糖はパンをふわっとさせる為に添加されます。
その他、いろんな添加物が入っています。
さらに、パンのオカズはなんですか?
卵、ハム、ベーコンといった動物性食品、
ということになります。
それに、飲み物はなんですか?
パン食する人が味噌汁を作って飲むとはとうてい思えません。

朝ご飯はお米のご飯にしましょう。

「だってパン食だと後かたづけが簡単なんだもん」

それでしたらむしろ、
朝食はとらない方がずうっといいですよ。

【送料無料】乳がん患者の8割は朝、パンを食べている [ 幕内秀夫 ]

朝食抜きにこんな事実が!!
http://piq.cutegirl.jp/BHKAVuUK3G/category0/list/0/
この↑サイトは【楽☆増】で、約2分で作りました。ただいま無料で配布中。




posted by 的浜 癌爺 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

JWT 世界最強のハーブティー? そんなのあるの?


テーマ:癌(12165)
カテゴリ:癌全般

三大陸ハーブティーのことです。

「ん?なんのこと?」

はい、JWT(ジェイソン ウィンターズ ティー)のことですね。

「三大陸ってどういう意味?」

はい、まずはインディアンセージ。
これはアメリカ大陸のハーブ。
アメリカ先住民に伝承されている薬草です。
ビタミンA・B・C、カルシウム、
ポタジウム、硫黄などが含有されています。
効用は、外傷、のどの痛み、不眠症、
鬱病、胃腸内の苦痛、月経不順など。

次はレッドクローバー。これはヨーロッパ大陸。
鎮痛剤として使われてきた薬草です。
二酸化ケイ素、コリン、カルシウム、レシチンを含有。
咳、気管支炎、倦怠感に効果がある。

最後はハーバリーン。
釈迦が説法で広めたとされています。
効用は、身体諸機能を正常化し、免疫系を改善する。

これら三種類のハーブがブレンドされることによって、
さらに、相乗効果が働くのだというのです。

効用は何にでも、って感じですね。
その効果には枚挙にいとまがない、というほどです。
そもそも開発者のジェイソン・ウィンターズ氏が、
自らの癌を治すために
執念で開発したお茶ですからね。

イギリスの医学博士、イアン・ピアース氏は、
次のように述べています。

「このブレンドハーブティーは、
体内に蓄積された毒素を排泄する優れた作用を持ち、
細胞の再生を促進することが分かった。
そのため、免疫力が正常に機能し、
自己治癒力が向上するようになる。
この効果は、
ほとんどの病気に対して同等に発揮される」

さらにピアース博士によると、

「ハーバリーンがレッドクローバーと
インディアンセージの触媒として作用し、
その相乗効果は27倍にもなる」

ということなのですね。
それにね、いろんな味があるんだよ。
ピーチ味、ラズベリー味、
シナモン味、グリーンティー味、
オリジナルブレンドタイプ、
ということで、いろんな味が楽しめる。

「どの味が美味しいのかなぁ?」

そうですよね?
自分の好みの味はどれかな?
全部飲んでみたいですよね?
そこで用意しました。
って、野母伊が用意したんじゃないんだけどね?
五種類のティーバッグタイプJWTが
各5袋ずつ入っています。
だから全部で25袋入り。
これがなんと税込価格1,780円!
日本国内向け製品は30袋入りで6,300円ですよ?
なんとお得な価格じゃあございませんか。

(注)ピーチ味、ラズベリー味、シナモン味には、
甘味料としてステビアが添加されています。
ステビアに関して懐疑的な方は他のをおすすめします。

わたくし癌爺はティーバッグタイプじゃなくて、
缶入りタイプを愛用しています。
これならさらに安いですからね?

 
ヤカンでお湯を沸かすのさえ面倒だ、
という向きには・・・、

錠剤タイプもあるんですよ?

JWTとはなんなのか?
http://piq.cutegirl.jp/77J1pEkk0X/
この↑サイトは【楽☆増】で作りました。ただいま無料配中。
posted by 的浜 癌爺 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

根強い牛乳信仰


テーマ:癌(12165)
カテゴリ:乳癌

あるブログにありました。済みませんが引用させてもらいます。

>(3歳の息子が)ここ1ヶ月でできるようになったことは
>「牛乳」が飲めるようになったこと。

何故に、どうして、子供に牛乳を飲ませたいのでしょうね?
牛乳は子牛の飲み物。人間には合わないんですよ。

こういう日本の現状では乳がんも前立腺ガンも
減少することはないでしょう。

医師も栄養士も口をつぐんでいる、というか分かっていない。
さらにマスコミもだんまりを決め込んでいる。

口コミで伝えて行くほかないですね。

ブログも口コミの一つです。


参考にしていただきたい書籍










≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済ガン治療に効果的な食事法
posted by 的浜 癌爺 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

知ることは大切です


テーマ:乳ガ〜〜ン(7308)
カテゴリ:乳癌

知識は大切です。

知らない、ということは、癌にかかって、
医師の言いなりになって癌の三大治療を受けてしまうからです。

がんは防げます。
さらにかかってからでも遅くはありません。

これらの本を読んで下さい。

【送料無料】あなたのがんを消すのはあなたです [ 渡辺勇四郎 ]











posted by 的浜 癌爺 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

子宮と卵巣を取っちゃった


テーマ:癌(12165)
カテゴリ:牛乳・乳製品

以前に紹介したかもしれないけど、
癌で子宮と卵巣を切除されてしてしまった女性がいます。
癌爺と同世代(50代半ば)です。
幸いにも手術後の抗ガン剤投与に関しては何も言われませんでした。
それだけでも良かったと思います。

入院中の食事については、癌爺が、

「牛乳、乳製品と肉だけは食べなさんな」

と言っておいたのです。
それを忠実に守ってくれました。
彼女曰く、

「肉も牛乳も毎日出てたよ」

だって。

おそろしいことです。
病院側が癌の原因食を癌患者に出すのですから。

昨日は彼女にたまたま会いました。
ジムニーのオーナーになっていました。

「私、子宮も卵巣も取っちゃったから、男になっちゃったんだよ。
だから四駆に乗りたくなったの」

ガッタンゴットンの乗り心地の、古い年式のジムニーに乗るのが
とっても楽しいのだそうです。

「車との一体感を味わえるんだよ」

とも語っていました。
彼女は仕事にも復帰しました。

でも本音も語ってくれました。

「私、癌だから、いつ再発して死ぬかわかんないだろ?
だから、好きな車買ったんだよ」

ってね?

でも、食事に気をつけて、ジムニーに乗って楽しんでいたら、
再発なんてしないんじゃない?


タグ:癌の治療
posted by 的浜 癌爺 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。