2014年02月17日

(財)全国食生活改善協会の活動【これがアメリカの小麦戦略だ!(8)】


さて、粉食奨励をするにはどんな方法がいいのでしょうか?
それはなんといってもパン食なのですね?

キッチンカーをで洋食を普及させたのは
厚生省の外郭団体である、
「(財)日本食生活協会」でした。

パン食普及のために活動したのは、
農林省の外郭団体である、
「(財)全国食生活改善協会」なのでした。

なにやら似たような団体名ですね?
では、全国食生活改善協会が行った活動とはどんなものだったのか?

製パン技術の普及でした。
要するにパン職人養成講座を開いたのです。
初めは東京で行いました。
全国からパン職人が数十名集まりました。
アメリカ人パン職人による講習でかれらは
アメリカ式製パン技術を学びました。
それだけではありません。学んだ職人達は、
自分の地方へ戻ってそこで、
アメリカ式製パン講習会を開くことが
義務づけられていたのです。
初年度の1956(昭和31)年だけでもなんと
全国200会場で、一万人のパン職人が
アメリカ式の製パン技術を学んだということです。
そうやって、アメリカ式製パン技術は
アッというニッポンを席巻した、
ということなんですね。
しかも、これの活動資金として、
3,882万円がアメリカ側から提供されていたのです。

全国食生活改善協会は翌年1957年にも
アメリカからの活動資金提供を受け(7,330万円)
パン食普及を推し進めるのでした。

パンの業界団体である、
【全日本パン共同組合連合会
(以下「全パン連」・昭和31年設立)】は
この資金の一部を活用して、
「全国パン祭りキャンペーン」を企画し、
新聞、ラジオ、テレビはもとより、宣伝カー、
宣伝セスナ機までをも使って、全国的に
パン食普及の大宣伝を行うのでありました。

(財)全国食生活改善協会による
これら一連の活動によって、
めでたくも(?)日本には完全にパン食が
定着していくこととなりました。

現在の日本の状況を見たらそれは明かですね?
米の消費量は減り続けてきました。

しかしながら、
全国食生活改善協会だけではなかったのです。
パン食を奨励したのは。

その話はまたあとで。

【参考文献】
アメリカ小麦戦略と日本人の食生活








posted by 的浜 癌爺 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

子宮筋腫も身近な病気(?)

日本人女性は今や20人に一人が
乳癌にかかると言われている。(一説には17人に一人とか)
癌ではないのだが、女性特有の病気として、
子宮筋腫がある。これは現在、
30歳以上の日本人女性の
4〜5人に一人がかかっているという。

子宮筋腫の原因は何なのか?
現代医学では乳癌の原因同様、
曖昧模糊とした表現である。

「子宮筋腫はエストロゲン・レベルと関連しているらしい」

「らしい」?
現代医学がこんな曖昧なことでいいのだろうか?

そこで牛乳に相談だ・・・、じゃなくて、

松田麻美子さんに聞いてみよう。

なぜ松田さんなのか?
松田さん自身がかつて子宮筋腫にかかり、
子宮を摘出した、という経験をお持ちだからだ。

松田さんの場合はこうだ。
30歳を越えた頃トイレが近くなった。
これは子宮が膀胱を圧迫しているため。
34歳の冬、下腹部のしこりに気づく。
まもなく激しい痛みが始まった。
しかし、鎮痛剤で痛みを抑えていれば
問題ないことだ、と考えていたという。
婦人科で診察したところ、子宮が
小ぶりのメロン大にまで腫れていたそうだ。
当然担当医師は手術を勧めた。
松田さんは何の疑いも持たず
手術を受けてしまったのだ。

どうして松田さんに子宮筋腫ができたのだろうか。
松田さんは次のように述べています。

「ナチュラル・ハイジーンの医師達は、
『子宮筋腫の原因は、生理痛や
多量の出血を放置したまま、その根本原因
である誤った食習慣やライフスタイルを
長年続けてきたことにある』と、
古くから指摘しています。」

誤った食習慣というのは、肉食、牛乳・乳製品、
そして精白穀物、白砂糖など。
誤ったライフスタイルとは、
ストレス、睡眠や運動の不足など。

「子宮に形成された筋腫を超スピードで
大きく成長させてしまったのは、私が
カフェイン依存症になっていたからでした。
コーヒーを毎日6〜7杯も飲んでいたのです。」

とも述べています。
松田さんだけではない。子宮筋腫の手術を受けた
アメリカ人女性の多くが習慣的にコーヒーを
よく飲んでいた、という。

最後に松田さんの言葉で終わります。

「今日の一般的な医学では、筋腫が発見されると
若い女性の場合、たいていすぐに手術や
超音波療法、ホルモン療法などを勧められます。
しかし、すぐに治療しないと命を脅かすという
ものではありません。食生活を変えることによって
どうなるかを見るゆとりは十分にあります。」


松田麻美子さんが気になっています。
http://piq.cutegirl.jp/v4ECD3Ao2u/index.html






タグ:生活習慣病
posted by 的浜 癌爺 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

続・米叩き【これがアメリカの小麦戦略だ!(7)】


大磯氏の論理を紹介するのは
前回でおしまいにしようと思っていたのですが、
あまりにも憤りを感じてしまったので、
今回も紹介します。
この記事は【これがアメリカの小麦戦略だ!】
ということなので、アメリカが仕組んできたことだ、
ということを十分に知っていただきたいからです。
再び大磯氏の著書『栄養随想』(昭和34年、医歯薬出版)から引用します。
(青字が引用)

この因は、この果を生み、米を食う習慣は
貧乏と一つの環をなして回転しているように思われる。
東南アジアにすむ10億の、米を作り米を食う民族は、
等しくこの運命にさらされていると思う。

この人たちは、あまりにも米中心の食生活のため、
そこから必然的に生まれてくる栄養欠陥を身につけて、
体力は欧米の小麦食の人々に劣り、寿命は短く、
乳幼児の死亡率は高く、結核やトラホームなどの慢性病、
また胃の酷使による胃腸病は著しく多い。
その上精神的にもねばりの強い積極性を欠き、
発明、発見、工夫なども残念ながら欧米人よりも少ない。

私どもをはじめ、東南アジアの各民族、
これらはみな米を中心とした食事をする民族であるが、
これらの民族が、今後地球上で西欧の民族と肩を並べて
繁栄していくためには、どうしても、この米との
きずなをどこかで断ち切らなければならない。

従ってできうる限り米食を減じて、
進んで小麦食を併用することに努め、
自然と食生活上の栄養的な工夫を
身につけるよう心がけるべきだ。

大磯氏の思惑通り、今や日本人は米離れ。

「ご飯は残してもいいからおかずは食べなさい」
と言う親、先生達。
「ご飯は太るから食べない」という若い女性。
「ご飯は糖尿病になるから食べない」という
メタボ気味の男性。
「血糖値上がるからご飯は(だけではなく小麦食品も)食べない」という糖尿病患者。

さて、日本人は元気になったのでしょうか?

最後に参考文献から引用します。(青字が引用)

これ(大磯氏の文章)が戦後の
「栄養改善運動」を指導した立場の人の見解
だとすると、戦後世界に類をみないほど急速に
食生活が欧米化した理由がよく理解できる。
日本人の食生活を何が何でも米から麦へと
転換させたかったのである。
改善運動の柱の一つは粉食奨励策で、
日本にパン食を根付かせることでもあった。
日本ではほとんど産出されないパン用小麦(強力粉)
だけに、全量を輸入に頼らねば不可能という
粉食奨励策は正しい運動の進め方であろうか。
改善運動の結果、日本人は今
欧米型の病気に苦しんでいる。

【参考文献】
アメリカ小麦戦略と日本人の食生活






posted by 的浜 癌爺 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

1955年と2005年を比べよう


1人1年あたりの食料消費量を比べてみましょう。
50年間で日本人は何を食べなくなり
何を食べるようになったかが
よくわかります。
倍数で表しました。

米=0.55倍
小麦=1.26倍
芋類=0.45倍
でんぷん=3.80倍
豆類=0.99倍
野菜=1.17倍
果物=3.50倍
魚介類=1.32倍
砂糖類=1.62倍

ここまでを見てもあらまあ、
こらまあ、ありゃりゃのりゃ、
と思うでしょう?

米と芋類が約半分に減ってしまっています。
これじゃあ、便秘症の人がたくさんいるのは無理もないですよね?

さて、次に行きましょう。

鶏卵=4.49倍
油脂類=5.41倍
牛乳・乳製品=7.50倍
肉類=8.91倍
(農林水産省「食料需給表」より)

医師や栄養士は、こういう現状を見てもまだ、

「癌の本当の原因はわかっていません」

と言い続けるのでしょうか?

「食の欧米化が原因とされています」

などと奥歯に物が挟まった言い方をするのでしょうか?

米、芋類が劇的に減って、代わりに
卵、牛乳・乳製品、肉類が劇的に増え、
さらに油脂類の摂取もすこぶる多くなったこと、
これこそが、癌を初めとする
生活習慣病の大きな原因でしょう?
なぜそれを大々的に発表しないのでしょうか?

【送料無料】乳がんと牛乳 [ ジェイン・プラント ]







posted by 的浜 癌爺 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

早期発見・早期治療が必ずしも治ることを意味しない


癌の話ですけどね?

「診断を受けて病巣が発見されたら、
治療をすれば命が助かるという思いこみを
することが多いのではないだろうか」

と述べるのは*横田哲治さん。

筑紫哲也さんは早期発見・早期治療を
されたけど、1年半で帰らぬ人となってしまった。
緒方拳さんはその逆で、三大治療はせず5年生き延びた。

「なんで治療を受けなかったのか。
受けていたら治っていたかもしれないのに」

と考える人もいたことでしょう。

でも、癌の三大治療を受けていたら、
俳優としての活動はできなかったことでしょう。
私がもし癌にかかったとしても三大治療は受けません。

癌医療で一番大切なことは、
癌にかからない為の予防医学なのですね。
でもほとんどの医師は教えてくれません。

「出典」



横田哲治:「食の安全を考えるネットワーク」代表
http://www.janjanblog.jp/user/fsn/fsn/
posted by 的浜 癌爺 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。