2014年01月19日

家族に起こる癌



「これは遺伝だ!」

とは思わないで欲しいのです。

なぜなら、家族だったら食べ物がほぼ同じだからです。

遺伝なんかではありませんから。

『余命1ヶ月の花嫁』の長島千恵さんの母親も
癌で亡くなっていました。
お母さんが53歳の時ですね。

そこで、気づくべきでした。

「うちは癌の家系だ」と。

しかしながら、そういう風に思ったとして、
どんな対処ができるというのでしょうか?
その回避方法を、現代医学は教えてくれません。
「定期検診を怠るな」としか言いません。

野母伊の父親は50代後半で大腸癌にかかり、
手術して取り除きました。
その後社会復帰するも、肝臓癌が見つかって、
64歳の短い生涯を閉じました。

当時、何もわからなかった野母伊は、
医師に任せるしか術はありませんでした。

大腸癌を切除したあとに、医師が
食事指導をしたとは思えません。

大腸癌患者は、特に、肝臓に転移する例が多いそうですね。
そんなことすら野母伊は分かっていませんでした。

医師に任せるしかなかったのです。

今だったら、父親を救えたかも知れない、
いや、救えた!と思っています。

『余命1ヶ月の花嫁』から教えられること、
といったらなんなのでしょう?

あの二人の愛のすばらしさ?

しかし愛だけでは命は救えませんでした。

答えは↓これです。
【癌を予防すること】

「ええ〜?癌って予防ができるの?」

当然できますよ。
癌は生活習慣病のひとつに過ぎないのですからね。

「じゃあ、どうやったら予防ができるの?」

では幕内秀夫さんに聞いてみましょう。

幕内秀夫の乳がんの速報!!
http://piq.cutegirl.jp/LTnWVND1qe/index.html


既に癌になってしまった方は、↓以下をご覧ください。
井上先生のメディカル・イーティング
posted by 的浜 癌爺 at 19:46| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
癌爺さま、はじめまして。
http://16296315.at.webry.info/
「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」っていうブログがあります。
ガンの正体を暴くブログだそうです。
ご参考になればと思いまして。
Posted by さぁや at 2014年01月20日 12:18
さぁやさん、情報ありがとうございました。
研究してみます。
Posted by 癌爺 at 2014年01月20日 17:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/385591724

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。