2014年01月10日

マックス・ゲルソン療法というのがありますね?


癌の食事療法です。それと同じように、
イギリスにはブリストル・ダイエットというのがあります。
これも癌の食事療法で定評があります。
ジェイン・プラントさんは、
「私はもうこれで乳がん問題に
悩まされることはないと信じていた」
と述べています。
しかし、ジェインさんは再発した。

ブリストル・ダイエットの概略は以下の通り。

「ナッツ類、穀物、発芽している種子などの
未加工・未精白の食品を、純正液状バターで
調理して食べる。
ヨーグルトと沸騰させたミルクはオッケー」

これでは、ジェインさんがその後4回も
再発したのも無理もない話でした。
しかし当時誰がそれに気づいたでしょう?
誰も気づきませんでした。
しかしジェインさんはついに突き止めたのです。

詳しくは以下の本を読んで下さい。



Twitter始めました。
目からウロコの10秒格言

既に癌にかかってしまった方はこちら↓を参照してください。
井上先生のメディカル・イーティング
http://piq.cutegirl.jp/hnqnw3


posted by 的浜 癌爺 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

恐怖の?「3-A-Day」運動!


テーマ:健康管理・増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ探求(19589)
カテゴリ:癌全般
「3-A-Day」運動というのを
ご存じでしょうか?
1日3回は牛乳または乳製品を摂りましょう、
という運動ですね?
今手元にチラシがあります。
チラシに記載されている団体名は、
「栃木県牛乳普及協会」、「(社)日本酪農乳業協会」と書いてあります。

まあ、牛乳販売を促進したい、というのはわかります。
そういうキャンペーンを打つのもわかります。
しかし私はこれをまともに受けて本当に実行しようとは思いません。
それどころか牛乳、乳製品はできるだけ摂らないように気をつけています。

こんなキャンペーンこそが
日本人を乳癌や前立腺癌に導くものと思っております。

「私は、自分が関係している学問分野の論文はもとより、
それ以外の分野の論文をたくさん読んできた。
新聞も読むしテレビも観る。
ほとんどの人と同じように、最新の情報に目を通してきた。
しかし、自分が乳がんになるまで、乳製品と乳がんの関係について
聞いたことは全くなかった。」

と、述べているのは、ジェイン・プラント(Jane Plant)教授。

彼女は1945年生まれの有名な
イギリスの地球化学の研究者で、
その研究功績により大英帝国勲章のナイトに次ぐ
コマンダー(CBE)の称号を受けています。

そういう科学者が乳癌にかかりました。
しかし科学者としての探求心から
乳癌の原因を探し求め、
そしてついにそれを突き止めたのです。
そして本を出版しました。
ジェインさんはその中でこう述べています。

「メディアには情報があふれている。
乳がんの予防や治療についても
たくさんの情報がある。しかし、
これらはいずれも単純化し過ぎていたり、
非科学的で矛盾に満ちている。
本書で扱ったような乳製品が悪いという
情報は全くなかった。
どうして乳がんの権威とされる人たちは
誰ひとりとして乳製品を取り上げなかったのか。」

詳しくは以下の翻訳本を読んで下さい。

特に実際に乳癌の方、かかったことのある方、
身近に乳がん患者のいる方、
是非読んで下さい。というか、
絶対に読んで下さいね?

ジェイン・プラント教授の著書がこれです。

【送料無料】乳がんと牛乳 [ ジェイン・プラント ]
是非お読みくださいませ。

≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済ガン治療に効果的な食事法


posted by 的浜 癌爺 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

乳ガンにかかったのはあなたのせいではありません


テーマ:乳ガ〜〜ン(7308)
カテゴリ:乳癌

タイトルの言葉は、
二通りの解釈ができますね。

一つは、
「現代医学では乳ガンの原因は
はっきりとは分かっていないのだから、
かかったのはあなたのせいではない」

もう一つは、
「乳ガンの原因を教えられていなかった。
よってあなたが乳ガンにかかったのは、あなたのせいではない」

別の例を挙げましょう。

肺ガンです。
スモーカーが肺ガンにかかったとします。
この場合、

「肺ガンにかかったのはあなたのせいではありません」

と、言えるでしょうか?

言えませんね?
喫煙は肺ガンにかかるリスクがとっても高い
ということは、今や常識だからですね?

しかし、乳ガンの場合はどうでしょう?
煙草=肺ガンリスク
のようなものがなかったのです。
ですから、

「乳ガンにかかったのはあなたのせいではない」

ということですね?
しかしこれからは、

「あなたのせいではない」

とも言えなくなりますよ?

ジェイン・プラントさんが
乳ガンの最大の原因を発見したからです。

この本をお読みください。
【送料無料】乳がんと牛乳 [ ジェイン・プラント ]










posted by 的浜 癌爺 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

牛乳の落とし穴


テーマ:正しい食育ってなに?(3309)
カテゴリ:牛乳・乳製品

バターは控えている、という人がいます。
ステーキの脂身は残す、という人がいます。
そういう人が、どうやって牛乳の脂肪分だけを残して
飲むことができるでしょうか?

牛乳は嗜好品です。
本当は飲まない方がいいのです。
乳製品も同じです。
食べないほうがいいのです。
健康食品とされているヨーグルトだって、本当は食べない方がいいのです。

「信じられない」という方はネットで調べてくださいね?



有料牛乳である、低温殺菌、ノンホモ、オーガニックの無調整牛乳ですと、
脂質は多くなります。

なぜ「牛乳」は体に悪いのか ―医学界の権威が明かす、牛乳の健康被害 (プレミア健康選書)

これを機会に牛乳・乳製品はやめてみませんか?

牛乳を信じるな! (危険警告Books)




完全在宅でパソコンを利用してHPで儲ける独自システムによる副業ビジネス
posted by 的浜 癌爺 at 18:34| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

日本の出版社って弱腰なのですか?


この↓書籍


これの原題は

『牛乳は飲むな!』(Don't Drink Your Milk!)

なんですよ?

それを日本語翻訳版では、

『牛乳には危険がいっぱい?』

となっています。

最後に「?」マークが付いていなかったらまだ骨があったけど、
「?」が付いているってことで、骨ぬきですよね?

酪農家に気遣っているのかな?
どこかから圧力があったんかな?

でも今では牛乳・乳製品が乳ガンのリスクを高めることは
分かっているのです。知らぬは日本人ばかりなり?

目次だけでも見て下さいね?

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 この世でもっとも過大評価されている食品の実態/
第1章 牛乳の糖質は、消化器症状を引き起こしやすい/
第2章 牛乳のたんぱく質は、アレルギー体質をつくりやすい/
第3章 牛乳の脂肪は、心筋梗塞・脳卒中・がんのリスクを高める/
第4章 人工ミルクは赤ん坊を病気にかかりやすくする/
第5章 牛乳はカルシウム源として不適切/
第6章 牛乳にありがちな風味の劣化と細菌の汚染/
第7章 難病の原因は牛乳だった/
第8章 事実を歪曲している牛乳の宣伝と報道/
第9章 牛乳は青少年の精神面に悪影響を及ぼす/
第10章 牛乳は完全食品の名に値しない

以下は『牛乳には危険がいっぱい?』の改訂版です。

posted by 的浜 癌爺 at 18:31| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。