2013年04月07日

食材が人間を作る、健康を作る、病気も作る


建築家が家や建物を設計するとき、材料の吟味をしますよね?
料理家が料理を作るとき、食材の吟味をしますよね?

そうして、立派で頑丈な建物ができます。
そうして、おいしくて安全な料理ができます。

では人間は何からできているのでしょう?

食べ物ですね?

人間を作る(成長させていく、健康を維持していく)ことに対して、
人間はあまりにも食材の吟味をしていないのではないでしょうか?

癌爺はかつて痛風にかかりました。
痛風って、一生薬の世話になる病気と聞いていました。
しかし

♪オラ、そんなのは〜やだ〜♪

ということで、
「俺ら東京さ行ぐだ」

といういうことにはなりませんでしたが、
「オラ医者には行がね」ということにしました。
食事を改善することで尿酸値は下がるんじゃないか?
と、思い実践しました。
それが非肉食なのでした。
万全を期するために魚介類もやめました。
牛乳・乳製品もやめました。

さて、先日見つけたあるサイトに以下のような、痛風の説明がありました。

>痛風の原因は血液中の尿酸が増えることにありますが、
>その尿酸を増やす3悪は、
>アルコールのとりすぎ、
>激しく筋肉を使う運動、
>精神的なストレスで、
>食事はほとんど関係ないということが、
>研究の結果わかったそうです。以前は食肉も良くないのではないか
>という人もいましたが、そうではなさそうですね。

>(聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター西岡久寿樹教授のお話より)

癌爺の実体験からしましても、

>食事はほとんど関係ないということが、
>研究の結果わかったそうです。以前は食肉も良くないのではないか
>という人もいましたが、そうではなさそうですね。

この記述には全くもって賛同いたしかねます。
痛風の一番の原因は

【食事】

だということです。しかも、

【肉食】

だということです。
元患者がそう実感しているんですからね?
それで食事を改善したことで尿酸値が下がったのですからね?

そもそもなんで痛風にかかったのか?
これは痛風患者の食歴を調べれば一目瞭然でしょう?

もちろんアルコールや筋肉の運動やストレスも関係あるでしょう。

しかし人間を作っているのは食べ物です。
痛風に限らず生活習慣病、特にガンにかからないためには
食べ物を吟味して欲しいと思います。

ちなみに、私は、尿酸値だけではなく、少し高目だった、
血糖値、血圧もさがりました。

生活習慣病予防に、あるいは改善に、健康維持に
まずは非肉食をお勧めします。

【関連ブログ記事】
http://plaza.rakuten.co.jp/kennkoukamukamu/diary/200711260001/



全曲試聴ができます。「俺ら東京さ行くだ」をぜひ聴いてください。



posted by 的浜 癌爺 at 21:27| 栃木 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。