2014年03月02日

「これまで200万円は使っている」と語るのは相田さん(69)。


「今度は薬が効かなくなってくる。
本当に情けないけど、生きるためにはこれしか
方法がないんです」

この相田さんの気持ち、考えを、医師も含めて
みなさんが持っているものではないでしょうか?

相田さんは平成17年5月に卵巣がんを発症、
抗がん剤治療でよくなったものの、18年7月に再発したという。

「卵巣がんは薬が使えないともう死を待つしかない。
世界中で認められた薬があるのに、日本だけ
使うことができないのはおかしい。
私はもう年だからあきらめもつくが、お金のない
若い患者のためにも一日も早く薬を承認してほしい」

例えば「ドキシル」という薬は副作用も少なく、
確実に延命効果が期待できる薬。世界80カ国で
卵巣がんの治療に使われており、使えないのは
日本と北朝鮮くらい」
(以上平成18年1月19日付け『産経新聞』より引用)

だという。しかしながら、

がん治療には発想を変えないと、本当に
死を待つだけ、あるいは延命効果だけ、
ということになりかねないのです。

発想を変えるとは「薬に頼らない」ということです。

じゃあどうすればいいのだろう?

そこで牛乳に相談だ・・・、じゃなくて、
バージニア・ベトゥラノ博士に聞いてみよう。

「ガンと呼ばれるものも含め、どんな腫瘍も
(たとえ硬化したり、転移したりしていても)、
ファスティング、あるいは非常に厳格に管理された
食事プログラムを行っている間に、自己消化され、
なくなっていきます。心から健康を求め、
体が健康を回復するのに必要な条件をすべて満たしてやり、
病気を引き起こすようなものをできる限り避けるように
すれば、腫瘍が再生されることはありません」

薬では根本的な治癒は望めません。
相田さんが再発したように、
抗ガン剤では解決できませんね。
たとえその癌が消えたとしても、
一生、再発に怯えながら生きていくことになります。

≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済ガン治療に効果的な食事法



タグ:抗ガン剤
posted by 的浜 癌爺 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

早期発見=早期死亡?

テーマ:癌(12165)
カテゴリ:癌全般

「(乳)ガン予防はマンモグラフィー検診を受けること
から始まるのではなく、自宅のキッチンから始まる」

このように述べるのは松田麻美子さん。
さらにこう述べています。

「運悪くすでに乳ガンが形成されてしまって
いたとしても、あわてることはありません。
たとえ医師からすぐに手術を受けるように
すすめられていたとしても、食事やライフスタイルを
徹底的に改善してどうなるか、
しばらく様子を見るゆとりは十分にあります」

早期発見→早期治療→転移→早期死亡

このような道をたどる癌患者は後をたたないようです。

記憶に新しい有名人としては、

筑紫哲也さんがいます。

筑紫さんが癌治療を一切
受けなかったら今もテレビで
活躍していたことでしょう。

ただし、たとえ癌が発見されても
現代医学の癌の三大治療を受けない
という方針の方は、
早期発見された方が断然いいですね?

しかしどの段階で癌が見つかっても、
現代医学の癌の三大治療を受けなかったら、
助かる確率はたかいのです。






癌は正い対処法をしなかったら治らないばかりか、死にます。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を改善させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜ガン改善率100%への挑戦〜
posted by 的浜 癌爺 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

フィチン酸は大腸ガンの予防物質?


玄米にはフィチン酸が豊富に含まれています。
ところがこのフィチン酸が悪者だ、という人もいます。
つまり、毒素を排出するが、
必要なミネラルも排出してしまう、
ということですね。
そういう説は知った上で癌爺は玄米を食べています。
また、発芽玄米にするとフィチン酸は悪さをしなくなる、とも言います。

さらにフィチン酸には

「大腸ガンの発生を抑制する」

効果があるというのです。
アメリカ・ミネソタ大学のイラフ博士等の研究で
明らかにされたそうです。
さらに以下の作用も報告されています。

・尿路結石や腎結石の予防
・歯垢形成抑制
・大腸ガン以外の抗ガン作用
・アルコール分解促進によるアルコール中毒防止
・魚肉を中心とした食品のうまみの向上

【出典】




たとえ転移・末期がんと宣告されても怖れることはない。
手術は場合によっては必要ではあるが、
抗がん剤、放射線治療は不要である。
これらの治療を受けなければ癌からの生還は十分に可能なのだ。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を改善させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜ガン改善率100%への挑戦〜





posted by 的浜 癌爺 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

「もしあなたが癌にかかったとしたら、あなたは標準治療を受けない勇気がありますか?」


と、質問されたら癌爺は次のように答えます。

「私はあんな恐ろしい標準治療を受ける勇気なんぞ持ち合わせておりません」

と。

つまり、一般の人と癌爺の発想は180度違うんですね。

では何故?どうして?人は癌にかかると標準治療を安易に受けてしまうのか?

それは、それしか治療法がないと思いこまされてきたからです。
つまり「洗脳されている」わけです。

癌爺は一般の人々にこの洗脳から解き放たれて欲しいのです。

澄川信也さんのサイトで勉強していきましょう。

「しかし、正直に告白いたします。ガンを克服するためには、
実は医師よりもあなた自身ができることの方が多いのです。
病院で手術や抗がん剤、放射線治療を受けなくても、
食事法や生活習慣の改善で、ガンを克服した人はたくさんいます。」

そうなんですよ。そういうことを日本国民は知らされていない。
ラジオもテレビも新聞もそういうことは報道しません。
故意に隠蔽しているのです。

ですから、自ら情報をさがし、勉強しないとならないわけです。

「病院での治療を諦めた、わたしたちは、できることをしようと、
インターネットや書籍でガンに関する知識を徹底的に集め、
医学書や、ガンに関する情報をかたっぱしから読み
自宅で出来ることは全て実践してみたのです。」

と、澄川信也さんは述べています。

では一般に人がどのように考え、どんなことに悩んでいるのでしょうか?
(→は癌爺のコメント)

・健康には十分、気を使ってきたつもりだったのに、ガンだと宣告されてしまった。

→気の使い方、方向が間違っていたわけです。
 つまり、間違った健康情報を実践しても健康は保てません。

・手術や抗がん剤の体への負担や、副作用が心配・・・。

→当然です。だから止めましょう。

・抗がん剤でこれだけ辛い思いをしているにも関わらず、回復がいっこうに見込めない。

→当然です。さらに抗ガン剤は増癌剤であることはご存じですか?

・治療で苦しんでいるのを目の当たりにすると、このまま続けさせるべきかと、悩んでいる。

→続けさせるべきではありません。

・医師が何よりも絶対だと信じていたのに、思うような結果がでなかった。

→当然です。医師は絶対でも何でもありません。

・手術して、つらい思いをしたのに、再発してしまった。

→これに関しては前回記事でも記しましたが、食事を改めなかったら
 再発して当たり前なのです。

・がんと診断されたのは、やはり煙草や酒のせいだろうか?

→誘因になりますが、癌の原因はそれだけではありません。
 摂取してはいけない食品は沢山あるのです。

・高級なアガリクスや、フコイダンを購入したが、効果がなかった。

→アガリクスに関しては分かりませんが、フコイダンで治療をしている
 医師もいます。また、それらの製品の品質も重要な要因となります。


再び澄川信也さん。

「まず、正しい知識をもって、あなたと、あなたの大切な家族のペースで
ガンに対処することが、全ての解決の始まりなのです。
また、間違った知識のせいで、余計に体に負担をかけてしまい、
その影響から、ガンが克服できないケースもあります。」

その通りであります。

では最後に癌爺が書いた曲の歌詞をごらんください。


【拒んだ私】  作詞・作曲:孫 雷太

抗ガン剤を勧められたけど
「そんなのいやよ」と拒んだ私
「それじゃ治らん」と家族は言うけど
辛い副作用怖いの私
 見るともなしに見てしまう
 隣のベッドの癌患者
 吐き気に脱毛地獄の苦しみ
 なんで頑張っちゃうの?
抗ガン剤を勧められたけど
副作用怖くて拒んだ私


澄川信也さんの教材↓ 洗脳から解き放たれてください。

≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済ガン治療に効果的な食事法

★本日二つ目の記事です。前のも読んでくださいね。






posted by 的浜 癌爺 at 17:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

ガン宣告され医者に抗がん剤治療を進められ困っていますが・・・・


「困っていますがどうしたらいいでしょうか?」

という質問を講演会で安保徹医師がされた、というんです。

そうしたら、安保医師は、

「私は抗がん剤、放射線等は使っては駄目だと言っているのに
そういう質問する貴方には答える意思はありません。
貴方のその考えを変えない限り癌は治らないし死ぬしかないでしょう」


と、言葉は穏やかに、しかしそうとう怒ってる様子で答えたそうです。

さらに駄目押しに、

「迷っているなら抗がん剤をやってその副作用の
恐ろしさを体験してみるのも1つの方法でしょう」

と言い放ったそうですよ?

明解な回答ですね?

【出典】
考え方を変えれば癌が治る!
http://gan368.seesaa.net/article/102348003.html



【中古】 ガンが逃げ出す生き方 人は勝手に125歳まで生きる /安保徹,石原結實【著】 【中古】afb 250円

【中古】 抗ガン剤で殺される 抗ガン剤の闇を撃つ /船瀬俊介(著者) 【中古】afb 1600円
posted by 的浜 癌爺 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 抗ガン剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。